脳卒中

スポンサーリンク
脳卒中

脳卒中を予防するために見直すべき10の生活習慣 – 血圧・食事・運動・喫煙・飲酒・肥満などはどうすればよい?

身体の片側が麻痺してしまう片麻痺や、言葉がうまくしゃべれなくなる失語症。 そういった様々な障害を持つことになってしまう可能性が高いだけでなく、寝たきりになってしまう、場合によっては死亡の可能性も高い脳卒中という病気。 この脳卒中は、がんや心疾患とともに日本人の死因の高さから三大疾病とよばれている病気です。 本記事ではこの脳卒中の発症を防ぐための方法について解説します。
脳卒中

脳卒中の前兆として起こる6つの症状 – 重い後遺症を残さないために知っておくべきチェック項目

脳卒中は生活習慣病とも言われる病気で、2017年度には11万人の方が脳卒中が原因で亡くなられています。 この11万人という数字は、その年の死亡者全体の8.2%になります。 この恐ろしい病気である脳卒中に、前兆の症状があるということについては、意外にもあまり知られてはいません。 そこで今回は脳卒中の前兆として起こる6つの症状について解説します。
脳卒中

脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)を発症した芸能人 – 発症年齢・発症時の様子・後遺症や原因などについて

脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)は脳の疾患であることからも、命に関わる病気の一つです。 運が良く一命を取り留めたとしても、何かしらの後遺症が残るため、その後の生活が大きく変わってしまいます。 そこで、本記事では『脳卒中を発症してしまった芸能人』について解説します。
スポンサーリンク
脳卒中

片手だけでは大変?脳卒中の髭剃りで起こりうる問題点とその対策について

脳卒中による片麻痺のクライアントにとって、髭剃り動作は片手で行える整容動作のためか、具体的に評価や介入がされないことが多いような気がします。 しかし髭剃り動作の工程を考えてみると、両手での遂行を前提としているため、片手のみでは非常に行いにく...
脳卒中

脳卒中片麻痺への爪切り動作上の問題点と対策について

脳卒中(脳出血・脳梗塞)による片麻痺を呈したクライアントにとって、爪切り動作は非常に困難な整容動作の一つとされています。 そこで今回は脳卒中片麻痺への爪切り動作上の問題点と対策についてまとめました。
脳卒中

脳卒中(脳梗塞・脳出血)片麻痺に起こり得る手のトラブルについて – 手洗い動作を利用した介入の有効性について

脳卒中のクライアントに対して“手洗い動作”を利用して作業療法プログラムを立案する際、どのようなポイントをおさえるべきでしょうか? 今回はこの脳卒中(脳梗塞・脳出血)片麻痺のクライアントに起こり得る手のトラブルを軸に、手洗い動作を利用した介入の有効性についてまとめました。
脳卒中

脳卒中(脳出血・脳梗塞)片麻痺への洗顔動作リハビリテーション – 作業療法における評価・訓練・生活指導について

脳卒中(脳梗塞・脳出血)による片麻痺を呈したクライアントに対して整容動作である“洗顔”を支援する際、作業療法士はどのような点に注意をし、どのような評価や訓練、そして生活における指導を行っていくのがよいのでしょうか? 今回は脳卒中による片麻痺に対しての洗顔動作についてまとめました!
脳卒中

脳卒中(脳出血・脳梗塞)片麻痺への歯磨き動作リハビリテーション – 作業療法における評価・訓練について

脳卒中(脳出血・脳梗塞)による片麻痺を呈したクライアントに対して、整容動作でも歯磨き動作へ介入する際どのような視点で評価をし、そして作業療法プログラムの立案と訓練を行っていけばよいのでしょうか? 今回はこの脳卒中による片麻痺に対しての歯磨きについてまとめました。
脳卒中

脳卒中(脳出血・脳梗塞)への更衣動作リハビリテーション – 作業療法における評価・訓練・指導について

脳卒中(脳出血・脳梗塞)による片麻痺のクライアントに対して、更衣動作をテーマに介入する際、ただ闇雲に反復訓練を行うだけ…では、リハビリテーションにおける非常に大きな機会損失と言えます。 今回はこの脳卒中(脳出血・脳梗塞)への更衣動作の評価方法や訓練プログラム、そして指導方法についてまとめました!
脳卒中

ゲルストマン症候群 -4徴候・画像診断・責任病巣・検査や評価方法について

「手指失認」「左右見当識障害」「失書」「失算」の4主徴から成る症候群として知られるものに“ゲルストマン症候群”があります。 今回はこのゲルストマン症候群の4徴候や画像診断と責任病巣、検査や評価方法などについてまとめてみました!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました