スポンサーリンク

訪問看護とは? – 医療保険・介護保険での違いやサービス内容について

介護保険

自宅にいながら看護師によるケアを受けることができるサービスが“訪問看護”です。
でもこの訪問看護でできるサービスを細かく把握しているかというと…曖昧な人が多いような気もします。

そこで本記事では、この訪問看護について解説します。

スポンサーリンク

訪問看護とは?

訪問看護とは…

病気や障害を持った人が住み慣れた地域で、その人らしく療養生活を送れるように、 看護師等が生活の場へ訪問し、医師の指示書のもとに、看護ケアを提供し、自立した生活を送れるよう支援するサービス

…と定義されています。

あくまで医師の指示のもとで行う看護サービスであること、自立した生活を送れるように支援するということが特徴とも言えます。

対象について

訪問看護の対象ですが、利用する保険を“介護保険”か“医療保険”かによってその対象も変わってきます。

おおまかに区分すると次のようになります。

  • 介護保険:要支援・要介護認定を受けた方
  • 医療保険:介護保険対象外の方・もしくは要介護認定者のうち、末期の悪性腫瘍や急性増悪の場合

提供されるサービスについて

では、訪問看護において提供されるサービスとはどのようなものがあげられるのでしょうか?

主に次のようなサービスがあげられます。

  • 療養上の世話
  • 医師の指示による医療処置
  • 病状の確認
  • 医療機器の管理
  • ターミナルケア
  • 褥瘡予防と処置
  • 自宅でのリハビリ支援
  • 認知症へのケア
  • 家族への介護支援、相談
  • 在宅での看取り

以下に詳しく解説します。

療養上の世話

訪問時、利用者の身体の清拭や洗髪、入浴介助、食事や排泄介助といった療養上の世話を行います。
また、その際の介助方法を家族に指導する場合もあります。

医師の指示による医療処置

利用者の主治医の指示に基づいて点滴注射や褥瘡・創傷処置といった医療処置を行う場合があります。
また疼痛や血糖コントロール、服薬管理状況の確認とともに、主治医への連絡や指導なども行います。

病状の確認

利用者の病気や障害の状態、血圧や体温、脈拍などの前身の健康状態チェックを行います。
それに加えて、意欲や意思疎通の程度、食欲や睡眠状況といったことにもアセスメントを行います。

医療機器の管理

利用者が在宅酸素や人工呼吸器といった医療機器を使用している場合は、その管理も行います。

ターミナルケア

がんの末期やそれ以外の終末期などでも、自宅で過ごせるような適切な処置を行います。

褥瘡予防と処置

褥瘡の防止のためのポジショニングや福祉用具の選定を行います。
この際は医師や業者、作業療法士と連携を取りながら行うことが多いとされています。

また、できてしまった褥瘡に対しての洗浄や消毒といった処置も行います。

自宅でのリハビリ支援

転倒や筋力低下予防を兼ねたリハビリ体操や指導を行ったり、嚥下機能訓練を行います。
訪問リハビリのスタッフと連携して行う場合もあります。

認知症へのケア

睡眠や食事などの生活リズムの調整、中核症状、BPSD(認知症の行動・心理症状)に対する看護を行います。
また家族や介護者への支援を行ったり、転倒や事故を予防するための環境整備を行う場合もあります。

家族への介護支援、相談

利用者を介護している家族への介護方法の指導や様々な相談への対応を行います。

在宅での看取り

自宅で最期を迎えつ場合のターミナルケアにも訪問看護は支援を行います。
全人的疼痛、苦痛などの緩和ケアや看取りの体制への相談、アドバイス、本人や家族への精神的な支援も重要な業務と言えます。

訪問看護ステーションとは?

訪問看護ステーションとは…

自宅で療養生活が送れるよう、医師その他の医療専門職、ケアマネジャーなどと連携し、訪問看護サービスを提供する事業所

…になります。

訪問看護の利用法

訪問看護を利用する場合ですが…介護保険か医療保険かで利用法も変わってきます。

介護保険

介護保険で訪問看護を利用するには、まず住所地の市区町村窓口で要介護認定を申請し、要介護1~5、もしくは要支援1~2と認定されなければなりません。

認定後は、ケアマネジャーが作成するケアプランに訪問看護が組み込まれると訪問看護サービスが利用できるようになります。

関連記事:介護保険を利用できる条件と、申請手続きの流れについて

医療保険

医療保険による訪問看護サービスを受けるためには、主治医の指示があれば可能になります。
ただし、「継続的な療養」が必要という条件のため、一時的な状態悪化ではNGの場合もあるようです。
また、週に3回までであること1か所の訪問看護ステーションのみであることなどの条件もあるので、注意が必要です。

介護に関する関連記事はこちら

まとめ

本記事では、在宅生活を支援する訪問看護について解説しました。

訪問看護とは…

  • 看護師等が生活の場へ訪問し看護ケアを提供するサービス
  • あくまで目的は利用者が自立した生活を送れるように支援すること
  • 介護保険か医療保険かによって対象や条件が異なってくる
  • 提供されるサービス内容としては、看護ケアから家族指導まで様々

作業療法士は語りたい!

訪問リハに加え、訪問看護も在宅を中心とした医療、介護には必要なサービスなんですね!
在宅生活を支えるためには、とにかく関わるスタッフの幅を広くするということが重要かと思うんだ!
訪問看護お悩み相談室 令和元年版: 報酬・制度・実践のはてなを解決

訪問看護お悩み相談室 令和元年版: 報酬・制度・実践のはてなを解決

2,860円(07/14 08:42時点)
発売日: 2019/10/10
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました