スポンサーリンク

介護問題の相談先について – 家族で介護が必要になった最初の相談先って? –

介護保険

リハビリの現場で仕事をしていると、介護保険の制度はとても身近なものになっています。
しかし、一般的には“介護”という問題に直面し、当事者にならない限りはぼんやりとしたものというイメージのようです。

そうなると、高齢の親といった家族の誰かが突然介護が必要になってしまったとき、「どこに相談すればよいのかわからない」とパニックになるケースが多いようです。
そこで本記事では、“介護が必要になった最初の相談先”について解説します。

スポンサーリンク

介護のサービスを受けたいときは?

実際介護のサービスを希望する際には、まずどこに相談をすればよいのでしょうか?
ここでは…

  • 役所の相談窓口
  • その他の相談先

…として解説します。

役所の相談窓口

万が一自宅で家族の誰かが病気やけがで倒れ、その結果残りの家族で世話をし切れない場合などは、最寄の市区町村役場の「高齢者の相談窓口」や「地域包括支援センター」などが相談にのってくれます。

その他の相談先

また、その他の身近なところでは…

  • 民生委員
  • 自治役員
  • 福祉推進員

…なども相談先としてあげられます。

加えて、最近では介護に関する困りごとをまとめて受け付け、それらの解決策ごとの申請先やアドバイスをしてくれる“ワンストップ型相談窓口”というものもあります。

地域包括支援センターとは?

前述した相談窓口にもあげた“地域包括支援センター”とはどのような場所でしょうか?

地域包括支援センターとは…

高齢者が住み慣れた地域で、安定した生活を送れるように介護予防、福祉などの面から総合的、継続的な支援をする組織

…となります。

略して“包括”とも呼ばれています。

「包括」のスタッフについて

この包括では、相談者に対して様々なスタッフがそれぞれの専門分野において相談者へ対応し、相談者から受けた相談内容の情報を全員が共有するという形を取ります。

地域包括のスタッフとしては…

  • 主任ケアマネジャー
  • 社会福祉士
  • 保健師(or看護師)

…があげられます。
各スタッフの専門業務について解説します。

主任ケアマネジャー

市区町村や関係機関との連絡・調整を担当。地域のケアマネジャーの相談に応じるなど、包括的なケアマネジメント業務を行う。

社会福祉士

介護意外の様々な困りごとも含めて医療・福祉機関などとの連絡を行う。権利擁護支援などの相談にものってくれる。

保健師(or看護師)

利用者の心身の状態を把握して介護予防ケアマネジメントなどに関わり支援する。

まとめ

本記事では、“介護が必要になった最初の相談先”をテーマに解説しました。

介護が必要になったときは…

  • 高齢者の相談窓口や地域包括支援センターなどを利用するとよい
  • 身近な民生委員や自治役員、福祉推進員などにも利用する
  • 地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で、安定した生活を送れるように総合的、継続的な支援をする組織
介護に関する関連記事はこちら

作業療法士は語りたい!

ケマネジャーや介護保険など、普段仕事で関わっているからこそわかっているけど、
一般の人からはまだまだ縁遠い制度と思われているんだろうね!
普及や広く知られるためには、なにより当事者意識が重要なんでしょうかね
医療・介護問題を読み解く (日経文庫)

医療・介護問題を読み解く (日経文庫)

池上 直己
1,100円(09/26 22:05時点)
発売日: 2014/06/14
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました