スポンサーリンク

通所サービスとは? – 定義と種類、メリットや利用につなげるためのコツについて

介護保険

介護保険のサービスにおいて、自宅から施設に通って様々な介護サービスなどを受けるいわゆる“通所サービス”。

本記事では、閉じこもりの予防としても有用な通所サービスについて解説します。

スポンサーリンク

通所サービスとは?

通所サービスとは…

要介護状態にある高齢者が、デイサービスセンター等へ通い、介護職員や看護師による入浴、食事等の介護、機能訓練などが行われる日帰りのサービス

…と定義されます。

施設に入所するのではなく、あくまでも施設に通って介護サービスやリハビリテーションを受ける事ができるという特徴があります。

通所サービスの種類

通所サービスには大きく分けると次の2種類に分かれます。

  • デイサービス(通所介護):事業所に定期的に通って日常生活の介護を受けることができる
  • デイケア(通所リハビリ):事業所でリハビリテーションを受けることができる

通所サービスのメリットについて

では、デイサービス、デイケアを含めた通所サービスのメリットとはどのようなものがあげられるでしょうか?

主なものに…

  • 生活リズムが整う
  • 健康管理を受けることができる
  • 様々なプログラムを受けることができる
  • 送迎が可能なため、家族の負担が少ない

…などがあげられます。
以下にメリットも含めた特徴について詳しく解説します。

生活リズムが整う

自宅での生活の場合、自己管理や家族管理になってしまうため一日のリズムが乱れやすくなってしまいます。
これは自律神経の不良にもつながります。

毎週、決まった日時に施設に通うため、生活にリズムが生まれやすくなります

健康管理を受けることができる

定期的に病状、障害の状態など健康状態を管理してもらうことは、長く健康的な在宅生活を送るためにも必要不可欠と言えます。
通所サービスでは医師や看護師、リハスタッフ、介護福祉士といった様々な職種と関わることができます。

これは、短い診察時間だけでは気づかれにくい健康状態の変化に気づかれやすくなるとも言えます。

様々なプログラムを受けることができる

通所サービスではレクリエーションや季節の行事、リハビリや自主訓練といった様々なプログラムが準備されています。
自宅で一人、もしくは家族と過ごすだけではできないような活動を行うことができます。

これは閉じこもりの予防、認知機能の低下予防にもつながると言えます。

送迎が可能なため、家族の負担が少ない

外来受診の際は家族の送迎、もしくは介護タクシーを利用し同行するなど、どうしても介護者である家族に負担がかかってしまいます。
しかし、通所サービスの際はスタッフによる送迎も含めてのサービスのため、家族の負担は非常に軽くなるとされています。

また、利用者本人が通所サービスを利用している時間帯は、家族も自由な時間を作れるというメリットもあります。

男性利用者はあまり通所サービスを使いたがらない?

これは経験則ですが、比較的高齢の男性は通所サービスを利用することに対して意欲的ではない印象を受けます。

  • あまり社交的ではない
  • 新しい環境に身を置くのが不安
  • レクリエーションや塗り絵といった作業に抵抗がある

…といった理由があげられますが、やはり女性よりも男性の方がなかなか通所サービスにつながらない…という経験があります。

対策のポイントは“お試し利用”

そういう時の通所サービスへのつなぎ方のコツですが、

「1ヶ月でもいいから“お試し”で利用してみましょう!」

…という促し方です。

“お試し”というワードを入れる事で「合わなかったら利用しなくてもよい」という選択肢を利用者に与えるイメージです。

この促し方で、最初は通所サービス利用に拒否的だった利用者数名を、結果として利用につなげた経験があります。

まとめ

本記事では通所サービスについて解説しました。

通所サービスは…
施設に通って介護やリハビリテーションを受けるサービス
デイケア、デイサービスの2つの種類がある
通所サービスを利用することは、生活リズムの調整や家族負担の軽減などのメリットがある
介護に関する関連記事はこちら

作業療法士は語りたい!

今では社会福祉法人だけでなく民間の企業も通所サービスに参入しているから、
非常にそのサービス内容も多様化している印象を受けるね!
混合介護でも触れましたが、競争化を踏んでサービスの質が発展していくのでしょうね!
タイトルとURLをコピーしました