スポンサーリンク

ケアプランについて – 作成・費用請求の流れ・給付管理票・居宅サービス計画書標準様式 –

介護保険

介護サービスを利用するためには、ケアマネージャがケアプランを作成する必要があります。
実際にはケアマネジャーの担当業務なので、多くのリハビリセラピストは出来上がったプランで利用しているサービスを確認する程度…かもしれません。
ただ、このケアプランについての知識を深めることは、情報収集をする上でも非常に有益なことになると思います。

そこで本記事ではこのケアプランについて解説します。

スポンサーリンク

ケアプランとは?

そもそもこのケアプランとはどのようなものでしょうか?

ケアプランとは…

どのような介護サービスを、いつ、どれだけ利用するかを定めた居宅介護(介護予防)サービスの計画書

…になります。

介護保険のサービスを利用するときには、認定の区分や、本人や家族が困っていることや、希望、心身の状態などを考慮したケアプランを作成する必要があります。
ケアプランに基づいて介護サービス事業者と契約を結んではじめて、サービスが受けられます。
ただし、介護保険施設や居住系サービスなどは除かれます。

更新について

ケアプランは要介護の更新認定に合わせて更新されます。
また、それ以外でも利用者の状態などに変化が生じた場合は随時変更されます。

作成費用について

ケアプラン作成の費用は全額保険給付となりますので、利用者の自己負担はかかりません。

ケアプランは自分で作れる?

実は利用者自身がケアプランを作成することも可能ではあります。
ただしサービス手配なども自分で行わなければならないなど、手間がかかる点を考慮しておく必要があります。

介護度別ケアプラン作成について

要支援、要介護によってケアプランの作成を担う事業所は異なってきます。

要支援1,2の場合

利用者が要支援1,2の場合は、地域包括支援センターに介護予防サービス計画書の作成を依頼します。

要介護1~5の場合

利用者が要介護の場合でも…

在宅のサービスを利用する場合:居宅介護支援事業者(介護支援専門員)が作成。
施設や居住系のサービスを利用する場合:施設の介護支援専門員が作成

…というように作成する事業所が変わってきます。

費用を請求する手続きについて

ここでは介護保険における費用の請求がどのような流れで手続きされるのかを解説します。

費用の請求業務の流れ

居宅介護支援事業所は、ケアプランを基にして給付管理票を作成します。
そして、居宅介護支援費の請求を各都道府県の国民健康保険団体連合会(国保連)に行います。

その後…

  1. 居宅介護支援事業所は、作成したケアプランを基にサービス提供表、サービス利用票を作成。それぞれを居宅サービス事業所、居宅要介護者に交付する。
  2. 居宅サービス事業所は、サービス提供票に基づいてサービスを提供する。
  3. 居宅サービス事業所は、提供したサービスの介護給付費請求書および介護給付費請求明細書を、翌月10日までに火k都道府県の国保連に送付する。
  4. 居宅介護支援事業所は、要介護者が受けたサービスに基づいて給付管理票を作成し、居宅介護サービス計画費の請求日などとともに国保連に送付する。
  5. 国保連は、給付管理票を基に、居宅サービス事業所の請求書などと付き合わせて、支給限度額などの審査を行う。
  6. 国保連は、居宅介護支援事業所および居宅サービス事業所からの請求について、審査後、保険者に請求する
  7. 保険者は、国保連に支払いを行う
  8. 国保連は、居宅介護支援事業所及び居宅サービス事業所に支払いを行う

…という流れになります。

給付管理票とは?

給付管理票とは…

居宅介護サービス費および居宅支援サービス費の支給限度額管理を行うために、居宅介護支援事業所に対して法廷代受領サービルに掛かる報告として、提出を義務付けられた文書

…になります。

居宅サービス事業所からの請求内容が要介護者などのケアプランに基づいたものであることや、その請求額が支給限度額の範囲内であることを確認するために使用します。

ケアプランの種類

要介護者→介護サービス計画 居宅サービス計画(居宅ケアプラン)
              施設サービス計画(施設ケアプラン)

要支援者→介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)

居宅サービス計画書標準様式

介護サービス計画書の様式について、次の通り介護サービス計画の適切な作成等を担保すべく標準例として提示しています。

ケアプランの本体

   
第1表 居宅サービス計画書(1)
・居宅サービス計画全体の方向性を示す帳票
利用者および家族の介護に対する意向が示されている
第2表 居宅サービス計画書(2)
・居宅サービス計画全体の中核となる帳票
・第1表の「利用者および家族の介護に対する意向」や「総合的な援助の方針」と整合性がある
・アセスメントの結果、導き出された「生活全般の解決すべき課題(ニーズ)」を解決して自立した日常生活を営む具体的な手順を表す
第3表 週間サービス計画表
第2表で計画した援助内容を、週単位で示す帳票

介護支援専門員等がケアマネジメントを勧めていくための判断根拠

   
第4表 サービス担当者会議の要点
サービス担当者会議を開催した場合に、会議の要点を記載する帳票
第5表 居宅介護支援経過
介護支援専門員の藻にらリングを通じて把握した、利用者や家族の意向・満足度等目標の達成度の把握と変化、それに対応した事業者との調整内容、居宅サービスの変更の必要性等にすいて項目ごとに整理して記載する帳票

サービスの利用状況や費用についての管理

   
第6表 サービス利用票(兼居宅サービス計画)
・月間のサービス時間帯・内容とサービス提供回数の予定・十席を記載する帳票
第7表 サービス利用票別表
・サービス内容に対する利用者の費用負担を示した帳票

まとめ

本記事では現代の介護には不可欠なケアプランについて解説しました。

ケアプランとは…

  • ケアプランとは、どのような介護サービスを、いつ、どれだけ利用するかを定めた居宅介護(介護予防)サービスの計画書
  • 介護度によって作成する事業所が異なる
  • ケアプランについて知ることは、支援を行うリハビリテーションセラピストにとっても必要なこと
介護に関する関連記事はこちら

作業療法士は語りたい!

ケアプランって出来上がってそんなに気にしなかったです。
もちろんリハビリを提供する側はそれでもいいかもしれないけど、
情報収集をするという点では、ケアプランについて知っておくと便利と言えるね!
作成手順がよくわかる ケアプラン事例集: アローチャートで見えるアセスメントの思考過程

作成手順がよくわかる ケアプラン事例集: アローチャートで見えるアセスメントの思考過程

英一郎, 石田, 恭子, 色部, 孝児, 大羽, 文典, 坂本
2,750円(09/22 10:57時点)
発売日: 2019/08/23
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました