IT

スポンサーリンク
IT

トイレのIoTサービスを考える -「健康チェックはトイレから」の時代がくる?

インターネットの発展や今後5G(第5世代移動通信システム)のインフラの整備によってさらに様々なもののIoT化が進むと言われています。 そこで今回はこのIoTについて“トイレ”に焦点を絞って考えたいと思います。
IT

リハビリの臨床や現場でアプリを使用するメリット・デメリットについて!

iPhoneやiPadといったスマートフォン、タブレット機器の普及に伴い、様々なリハビリテーションに役立つアプリが開発、リリースされています。 今回はそういったアプリをリハビリの臨床や現場で使用するメリットとデメリットについてまとめてみました!
IT

感情を定量化!エモリーダーが未来の臨床を変えるかもしれない!

“定量化”というと非常に冷たい印象ですが、これ作業療法のエビデンスを追求していくには必要なことだと思ってます。 そこで今回は多様性に富んだ人の“感情”をAIを使用して定量的に測定視する“エモリーダー”についてご紹介します!
IT

IT・ICT・IoTの違いについて – 情報技術の発展と予防医学との親和性について

IT技術やICT技術を作業療法をはじめとしたリハビリテーション技術に応用できると考え勉強していますが、“IT”,“ICT”、“IoT”と似たようなその用語は様々でこんがらがります(泣) そこで本記事ではこのIT、ICT、IoTといった言葉の違いと、今後予防医学とどうリンクさせていくか?について解説します。
IT

VRでリハビリを行うと、脳のどの領域が活性化されるのでしょうか?

VR技術によるリハビリテーションへの効果を色々調べていますが、非常に脳の活性化につながることがわかります。 ただVRリハビリは脳の活性化にいい…というだけではやや乱暴なので、どの領域に効果があるのか少し調べてみました!
IT

VR(バーチャルリアリティ)リハビリテーションで期待できる4つの有用性と効果

VR(Virtual Reality:バーチャルリアリティ)をリハビリテーションに応用することで、様々なことが可能になってきます。 そこで今回は、様々な論文や研究結果から「VRリハビリテーション」の有用性と効果について、備忘録的にまとめてみました!
IT

eスポーツ×リハビリが障害者の社会参加の一つとして成り立つのかもしれないって話。

作業療法士としてリハビリテーション医療に関わっていると、非常に障害を持つ人の社会参加について考えさせられます。 その方法の一つに、eスポーツが選択肢としてあげられると思うんです。 今回はオリンピック種目にもなるかもしれないと今話題のe-スポーツを、作業療法士の視点でまとめてみました。
IT

VR(バーチャルリアリティ)をリハビリに応用した事例論文まとめ

ここ数年でVR(Virtual Reality:バーチャルリアリティ)はリハビリ医療でも少しずつですが使われ始めてきました。このVRは今後の作業療法の在り方にも大きく貢献できると考えています。そこで今回はVRをリハビリに応用した様々な事例を備忘録的にまとめてみました!
IT

第4次産業革命と医療 – IoTが医療・介護・リハビリ分野へもたらす3つの恩恵について

IoTという言葉、ご存知ですか? ここ最近ではニュースや雑誌などでも目にすることが多くなってきたこの単語ですが、実はこれ今後の医療や介護、リハビリ業界においても非常に重要なキーワードになってきます。 そこで今回はこのIoTの概要と、どのように医療、介護、リハビリの業界に関わってくるか、作業療法士としての視点から考えてみます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました