IT・ICT・IoTの違いについて – 情報技術の発展と予防医学との親和性について

IT

IT技術やICT技術を作業療法をはじめとしたリハビリテーション技術に応用できると考え勉強していますが、“IT”,“ICT”、“IoT”と似たようなその用語は様々でこんがらがります(泣)

そこで本記事ではこのIT、ICT、IoTといった言葉の違いと、今後予防医学とどうリンクさせていくか?について解説します。

ITとは?

ITの定義や意味についてですが…

ITとは、「情報技術」のことで、コンピューターやデータ通信に関する技術の総称

…とされています。

このITという言葉の意味は非常に広く、情報通信分野の基礎技術から応用技術の範囲にまで及ぶようです。
具体的に言えば…

コンピューターやインターネットを中心とするネットワークを活用し、会社の業務や生活に役立てるための技術

…を指すことが多いようです。

ちなみに“IT”という言葉は“Information Technology(情報技術)”の略称になります。
ITの対象はパソコンやスマートフォンなどの情報機器だけでなく、
インターネット、通信インフラなどを組み合わせて活用していくための技術全てになるからね!

ICTとは?

そして最近特に言われることが多くなってきた“ICT”ですが、これは“Information and Communication Technology(情報通信技術)”の略称になります。
つまり…

情報技術を活用したコミュニケーション

…を指すことになります。

ICTとは“情報・通信に関する技術の総称”になるんですね!

ITとICTの違いは?

ICTという言葉について調べていくと、結論から言ってITとICTは言葉としてはほぼ同義…だそうです。

場合によっては…

  • IT:コンピューター関連の技術そのもの
  • ICT:コンピューター技術の活用

…と区別されて使用する場合もあるようですが、国際的にもICTという言葉が定着していることから、日本でもICTという言葉が定着しつつあるようです。

IoTとは?

ではもう一つ、これも最近よく聞く“IoT”についてはどのような意味になるのでしょうか?

結論から言えば、IoTとは“Internet of Things(モノのインターネット)”と称されます。

つまり…

様々なモノ(物)がインターネットに接続しオンライン化されることで、常に情報交換がされるようになり、相互制御化する仕組み

…ということになります。

ちなみにこのIoT(Internet of Things)という言葉は、1999年からイギリスの“Kevin Ashton(ケビン・アシュトン)”という方が最初のようです。

“P&G社”のアシスタント・ブランド・マネージャー時代に商品の物流管理の効率化のために“RFID”という技術を活用することに興味を持ち研究する時に使い始めたようですね!

今後のICTはIoTなくしては語れない?

今後のICT(情報通信技術)はIoT(モノのインターネット)ありきで発展するのだと思います。
今まではICT技術を利用手段として、パソコンやスマートフォンという専用のデバイスだったものが、日常生活の様々な“モノ”とリンクすることで生活の質を向上させる機器として利用できるようになると思います。

  • ICT×時計=Apple Watch
  • ICT×サングラス=Google Glass
  • ICT×家電=オムニ家電

…といった現在市場に参入しているものも含め、その範囲は非常にスピーディーに拡大しています。

Google Glassは一度開発が中断したけど、2019年の5月には新型が発表されたからね。
実用化までにはまだまだ課題があるんでしょうけどね。

ICT、IoTと予防医学との親和性について

生活を支援する“作業療法士”として働いていると、いかに病気や障害が起こる前の“予防”の重要性を痛感します。
ただ、多くの人はこの予防に対しては非常に無頓着です。

「会社が行けって言うから、なんとなく健康診断を受ける」
「食生活に気を付けようとは思っても、別に症状があるわけではないからあまり気が進まない」
「運動不足はわかっているけど、忙しくてそれどころではない」

…こういった声はよく聞かれると思います。

実体験として自分自身の身体で体験しないこと、人はイメージしにくいと思います。
今現在、特に症状がないならば、無理に生活習慣を改めて健康に注意をしようとは思わないでしょう。

言ってしまえば「痛い目に遭わなければ予防なんて意識しない」ということです。

病気の予防で重要なことは、生活のプロセスに沿った方法で行うこと

生活習慣病を含め、いかに病気にならないように意識をするってこと自体多くの人は難しいことなのかもしれません。
むしろ、重要なのはその逆の発想であって、「意識をしなくても病気の予防につなげること」だと思っています。

トイレのIoTサービスを考える -「健康チェックはトイレから」の時代がくる?」の事例でもあるように、普段人が習慣としている活動にIoTやICTの技術を入れることがポイントだと思うんです。

  • トイレで用を足すだけで、尿の成分から健康チェックができる
  • 歯を磨くだけで、口腔内の状態が把握できる
  • 冷蔵庫の食材から、その人の健康状態にあったレシピを提案してくれる

…普段使っている家電製品や様々なデバイスそのものが、常にその人の生活動作や活動から健康状態をチェックし、その人に合った予防方法を提案してくれる。
こういった理想を現実化してくれる技術は、ICTやIoTなんだと思うんです。

情報技術分野に特化して作業療法士が展開してもよいのでは?

今後、クライアントの生活支援を目的とする作業療法士は“福祉機器”と同様に“支援機器”としてICT、IoT技術について学ぶ必要があります。
今回はIT、ICT、IoTの言葉の違いについてというテーマから、少し作業療法への応用的な内容に広げてまとめてみました。

なんとなくこの分野に苦手意識を持つ方も多いかと思いますが、少しでも“知る”ということは、結果として目の前のクライアントに提供できる価値が増えるということに繋がるんだと思います!

まとめ

本記事では、IT・ICT・IoTの違いと、予防医学との親和性の高さについて解説しました。

IT・ICT・IoTは…

  • ITは、コンピューターやデータ通信に関する情報技術の総称
  • ICTは、ITとほぼ同義であり、情報・通信に関する技術の総称
  • IoTは、様々なモノオンライン接続されることで、常に情報交換、相互制御化する仕組み
  • この情報技術は、いままでなかなか習慣化されなかった「生活習慣の見直し」や「疾病予防」の打開策として有効かもしれない

作業療法士は語りたい!

今後情報技術を武器にした作業療法士が現れてもいいと思いまうけどね!
ICTやIoT技術っていう今後伸びていく分野とはどう絡めばいいですかね?
個人的にはどちらを軸に、どちらに向うか?によって利用する技術も展開する市場も変わってくるんだと思うよ!
ICT,IoTの技術を作業療法士が医療市場に持ってくるのか?
医療(作業療法)の技術を、作業療法士がICT,IoT市場に持ってくるのか?
何を武器に、どこで戦うのか?を明確にしたほうがいいかもね!
…もしくは、どちらでも戦うか?ですかね?(笑)
欲を言えば、“どちらでも”だね!(笑)
ITロードマップ 2019年版: 情報通信技術は5年後こう変わる!

ITロードマップ 2019年版: 情報通信技術は5年後こう変わる!

野村総合研究所デジタル基盤開発部, NRIセキュアテクノロジーズ
2,860円(05/29 19:42時点)
発売日: 2019/03/08
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました