スポンサーリンク

APDLとIADLの違いとは?- ICFの概念と“+役割”という考え方について

APDL

こんにちわ、セラピストブロガーあいとう(@otpressinfo)です。

リハビリの臨床や現場で何の疑いもなく“APDL”や“IADL”という言葉を使用して言いますが…この違いについてきちんと理解している人は少ないようです。

そこで本記事では、このAPDLとIADLの言葉と持つ意味の違いについて解説します。

スポンサーリンク

ADL=標準的ADL

まず、セルフケアと移動を含めた“日常生活動作”が「ADL(Activities of Daily Living)」と呼ばれています。
日常生活を送る上で、最も基本的な動作のカテゴリーになるため、APDLやIADLと区別するためにも…

基本的日常生活動作(BADL)

…と枠組みされ表現される場合もあるようです。

APDLは“生活関連動作”

一方、APDLとは“Activities Parallel to Daily Living”の略で日本語では“生活関連動作”と訳されます。
家庭生活を維持するのに必要な、家事動作を中心とした“生活動作能力”と意味されています。

APDLの項目

標準的ADLに対して、APDL(生活関連動作)は…

  • 調理
  • 掃除
  • 買い物
  • 交通公共機関の利用

…が項目としてあげられます。

IADLは“手段的日常生活動作”

その一方、IADLは“Instrumental Activities of Daily Living”の略で、日本語では“手段的日常生活動作”と訳されます。

IADLの項目

社会福祉士・介護福祉士のための用語辞典によると、IADLは…

  • 電話の使い方
  • 買い物
  • 食事の支度
  • 家事
  • 洗濯
  • 移動、外出
  • 服薬の管理
  • 金銭の管理

…の8項目で構成されている…とあります。

APDL、IADLの違いについて

結論になりますが、APDLもIADLもほとんど同じ意味として扱われる、と考えていいようです。

細川 徹氏による論文『ADL尺度の再検討-IADLとの統合』ではAPDLとIADLを合わせて「拡大ADL」と表現していることからもその違いを厳密に区分けせずに使用していることからも、ほぼ同義として扱われる用語と考えられます。

語源から違いを考える

ちなみにAPDL,IADLのそれぞれを語源から考えてみると、、、

APDLの場合

APDLはActivities Parallel to Daily Livingの略であり、この“Parallel to~”は“○○に沿って”と訳されます。

つまり“平行”の意味になります。
その人の日常生活に“平行”した…寄り添った位置にある活動…という表現に近いでしょうかね?

IADLの場合

IADLは“Instrumental Activities of Daily Living”の略で、この“Instrumental”は“手段となる、助けになる”といった訳になります。
解釈の違いによるでしょうけど、IADLを『手段的日常生活動作』と訳することからも…

そのADL動作を拡大し、一つ高次の活動にするための手段に成り得る動作

…と考えるとしっくりきますかね?

APDLもIADLも“+役割”かもしれない

APDL、IADLの違いについて、やや多角的に考え広い視点で解釈すると…

ADL+役割

…という考え方に僕自身は落とし込んでいます。

例えば元々主婦であった脳卒中片麻痺のクライアントがいたとしたら、今回の発症によって病前の“役割”であった「家事動作」の遂行が困難になる状況が考えられます。

彼女にとって「家事動作」は“いままでセルフケアであるADL同様、当たり前のように行っていたparallel(平行)な活動”…つまり、APDL動作になります。

同時に自分自身だけでなく家族も対象にした“一つ高次元の活動(IADL)”と言えます。

これが仮に家事動作ではなく“趣味活動”だとしても、そこに付帯する役割や対象の範囲を考えれば、APDL、IADLに枠組みされることも頷けます。

まとめ

APDLもIADLも、その言葉の違いについては大きな違いはなく、そこに言及すること自体ナンセンスなのかもしれません(笑)。
もっと重要なことは、「その人にとっての本当のAPDL、IADLは何になるのか?」「その人の社会生活を送る上での役割は?」という原理原則を見極めることなんだと、今回まとめながら改めて落とし込むことができました気がします。

この「役割」ってのはICFでいう「参加」になるよね!
たしかにICF上での参加は「人生の様々な状況に関与し、そこで役割を果たすこと」ってありますからね!
いろんな生き方や役割があって、どんどん多様化している今の社会では、
生きていくため最低限の活動である“セルフケア”だけでなく、いかに自分が社会の中に必要とされているか、
社会生活を送る上で「意味がある存在か」ということを実感できる介入が必要なんだろうね!
その支援をするのが作業療法士なんですね!!
そういうこと!
I・ADL 第3版―作業療法の戦略・戦術・技術

I・ADL 第3版―作業療法の戦略・戦術・技術

5,940円(09/24 23:35時点)
発売日: 2012/01/20
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました