コラム

スポンサーリンク
コラム

リハビリ難民の急増の原因と附帯する課題について – 超高齢化社会を迎えるにあたって作業療法士ができることとは?

先日、『脳卒中 リハビリ難民が急増』というニュースをみつけました。 脳卒中のクライアントに対してのリハビリテーションに関わっている身としては非常に興味深く読んだのですが、改めて早急に対策しなければならない課題だとも思いました。 今後さらに増加する“リハビリ難民”に対して、作業療法士としてなにができるのでしょうか?
コラム

作業療法がテーマのウェブマガジン“作業療法プレス”始めます。

医療分野における“作業療法”の基礎が生まれてから約200年、日本で作業療法士協会が設立されて50年。 もちろんこの間に社会は大きく変わってきています。 それと同時に生活スタイルや価値観だって変化してきていますので、その「生活」を扱う作業療法にだって求められてくるものは変わってきているはずです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました