スポンサーリンク
脳卒中

脳卒中を予防するために見直すべき10の生活習慣 – 血圧・食事・運動・喫煙・飲酒・肥満などはどうすればよい?

身体の片側が麻痺してしまう片麻痺や、言葉がうまくしゃべれなくなる失語症。 そういった様々な障害を持つことになってしまう可能性が高いだけでなく、寝たきりになってしまう、場合によっては死亡の可能性も高い脳卒中という病気。 この脳卒中は、がんや心疾患とともに日本人の死因の高さから三大疾病とよばれている病気です。 本記事ではこの脳卒中の発症を防ぐための方法について解説します。
脳卒中

脳卒中の前兆として起こる6つの症状 – 重い後遺症を残さないために知っておくべきチェック項目

脳卒中は生活習慣病とも言われる病気で、2017年度には11万人の方が脳卒中が原因で亡くなられています。 この11万人という数字は、その年の死亡者全体の8.2%になります。 この恐ろしい病気である脳卒中に、前兆の症状があるということについては、意外にもあまり知られてはいません。 そこで今回は脳卒中の前兆として起こる6つの症状について解説します。
福祉機器

移乗動作のリフターの種類とその使用方法について

立位での移乗や座位での移乗動作が困難な場合、全介助での移乗を取らざるを得ませんがこの方法は場合によっては、介助者への負担が大きくなってしまいます。 そういったときは、福祉機器であるリフターを使用することも検討すると良い場合があります。 そこで本記事では、このリフターを使用しての移乗動作について解説します。
スポンサーリンク
福祉機器

座位での移乗動作を自立にするための方法について

ベッドや車いすに移乗する際、座位の姿勢さえ取れれば移乗動作を自立につなげることができる可能性が非常に高くなります。 そこで本記事では、座位での移乗動作を自立につなげる方法について解説します。
福祉機器

立位による移乗の動作分析と、自立につなげるポイントやコツについて

移乗動作でもある程度下肢に力がある場合は、立ち上がって移乗する方法がスムーズにいくことが多いです。 でも安全性や本人への負担を考えると、工夫や支援が必要になります。 そこで本記事では、立位による移乗動作について、動作分析や福祉機器の視点で解説します。
福祉機器

移乗動作の定義や起こり得る生活障害、福祉機器について

健康な時は特に意識せずに今いる場所から違う場所まで移ることができますが、身体の機能に障害を持つとその当たり前の動作が困難となってしまいます。 その結果、様々な日常生活上の弊害につながってしまうため、早急に解決する必要がある課題ともいえます。 本記事では、“移乗学”と題して、その定義や目的などについて解説します。
福祉機器

介護ベッドの選び方(幅・長さ・モーター数・レンタルor購入?)

介護用品でも、ベッドを選ぶ際の基準やコツって、だいたいが「なんとなく」で選らんでいるような方が多いような気がします。 しかし、適当に選んでしまうと、寝心地が悪いというだけでなく、転落や褥瘡の発生など深刻な事態を招くこともあります。 そこで本記事では、介護用のベッドの選び方について解説します。
福祉機器

寝具学② – ベッドの主な部位の名称・寸法表示について

利用者の寝具であるベッドを選定しセッティングなどの設定を行ったりする際に、他の医療機関や福祉機関、福祉機器業者やケアマネジャーとの共通言語を理解しておくことが情報共有には必須だと思います。 そこで本記事では、共通言語としてベッドの主な部位の名称や寸法表示について解説します。
福祉機器

寝具学① – 介護用ベッドに必要となる機能とは?

“ベッド”でも様々ですが、介護用となると求められる機能は一般のものとは異なってきます。 では実際に、介護用のベッドに求められる機能とはどのようなものでしょうか? 本記事では“介護用のベッドに必要な機能”について解説します。
介護保険

サービス付き高齢者向け住宅とは? – 特徴・対象・利用料金・提供されるサービス・メリット、デメリットについて

介護付き老人ホームや住居型老人ホームの他にもここ最近急増しているのが“サービス付き高齢者向け住宅”になります。 本記事ではこの“サービス付き高齢者向け住宅”について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました