概論

スポンサーリンク
概論

作業遂行の展開図式の再考 – 作業療法士に求められる臨床力に必要な3つの要素とは?

作業療法って扱う範囲が幅広い分、非常に解釈が難しい印象を受けます。 “作業”って一言で言ったとしても、対象者や状況によって大きく変わってきますから。 そこで今回は作業遂行の展開図式から作業療法の展開について考えてみます。 かなり僕自身の視点が入り込んでいるので、参考程度までに…。
概論

世界の作業療法の定義からみえる“作業”の重要性 -目的と手段としての“作業”について

作業療法の定義をきちんと知ることは、作業療法の可能性を広げるためには大前提として必要なことって思っています。 今回はこの作業療法の定義について世界の作業療法からも考えてみます。
概論

“作業療法って結局なに?”って迷ったら、国内の先人・偉人による名言から振り返ったらいいと思うんよ!

作業療法を臨床や現場で行っていけばいくほど、汎用性の高さもあって「結局作業療法ってなにさ?」ってなりがちです(苦笑)。 というわけで、作業療法を名言から振り返るシリーズ第2弾! 今回は国内の先人、偉人による名言です!
概論

作業療法の定義が改定されて広がった作業療法の対象と可能性

2018年の5月に“作業療法”の定義が改定が発表されたのですが…僕の周りも含め様々な意見や反応があるようです。 個人的にはこの改定からも、作業療法士の職域拡大の可能性と必要性を非常に強く感じているんですよね! そこで今回はこの定義の改定から今後の作業療法の対象と可能性について考えてみます!
概論

自分の臨床に迷ったら、先人・偉人による名言から振り返ったらいいと思うんよ。

作業療法士は基本、悩んでいます。 「このやり方でいいのか?むしろ“作業”ってなんじゃい?」ってごっちゃごっちゃに悩みながら臨床や現場でがんばっています。 そんな時には作業療法の先人・偉人の名言からヒントを得てみるのもいいんじゃあないでしょうかね?
概論

作業療法士の「作業」の意味とは? -“occupational”の意味や語源から考えてみる

作業療法士の“作業”の意味を考えたとき、どんなのが思いつきますか? 支援の対象が“生活”ですから、その“作業”といっても多種多様、千差万別だと思います。 だからこそ、介入するときの手段を漫然と「作業」として扱ってしまいがちな気もします。 今回はこの作業療法士にとっての“作業”の意味について、英語や語源か分析的に考えてみました!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました