内部障害

スポンサーリンク
内部障害

口内炎 – 原因・分類・治療方法について

口のなかにいつのまにかできている口内炎。 食事の度に痛みが起きるため、非常にストレスに感じる人も多いと思います。 そこで本記事では、口内炎の原因や種類、治療方法について解説します。
内部障害

アシドーシスとは? – 定義・種類・代謝性、呼吸性の違いについて

アシドーシスの状態のクライアントって、糖尿病などの代謝障害、COPDといった呼吸器障害を背景に持つ場合があるのでリハビリテーションセラピストが対応する場面も多くあると思います。 本記事ではアシドーシスの定義、アシドーシスの種類、代謝性・呼吸性の違いについて解説します。
内部障害

悪性外耳道炎 – 特徴・症状・診断基準・治療方法や癌との違いなどについて

悪性外耳道炎は高齢者…特に糖尿病のクライアントによくみられる疾患になります。 本記事では、悪性外耳道炎の、特徴や臨床的症状、診断基準、治療方法などについて解説します。
内部障害

亜鉛キレート作用 – 味覚障害だけでない、亜鉛不足によって起こる13の症状とは?

亜鉛って重要な栄養の一つです。 この亜鉛が不足すると味覚障害をはじめ様々な症状を引き起こしてしまいます。 また、高齢者の亜鉛不足が多い背景には、亜鉛キレート作用が関与している場合もあります。
内部障害

感染症と院内感染 – 感染症の現状と院内感染防止対策について

ここ最近はインフルエンザだけでなく、風疹や結核の患者が増加しているようです。 どれも“感染症”と呼ばれるものですが、作業療法士にとっても必要な知識と言えます。 そこで今回はこの“感染症と院内感染防止の対策”について解説します。
内部障害

内科学勉強している?- 高齢化社会に伴い、作業療法士には内科学の知識が求められることについて

作業療法士をはじめとしたリハビリテーションセラピストは、今後内科学的な知識と見解も重要視されてくると言われています。 “内部障害リハビリテーション”という分野もあることからも、その需要は高くなっていることがわかります。 そこで今回は『リハビリテーションセラピストへの内科学の知識の必要性』について解説します。
内部障害

医療従事者におけるインフルエンザ感染対策や予防策について

インフルエンザは病院や施設へ持ち込まれると、急速に集団発生するという特徴があります。 その特徴からも、医療従事者にとってインフルエンザの感染対策は重要とされています。 今回は医療従事者におけるインフルエンザ感染対策や予防策についてまとめてみました!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました