2019-11

スポンサーリンク
介護保険

暫定ケアプラン – 認定結果前にサービスを使うための注意点について

介護保険を申請してから実際に介護サービスを利用するまでには約1ヶ月程度の日数が必要です。 しかし、すぐにでもサービスを利用する必要がある…なんてケースもいらっしゃる場合があります。 そこで本記事では、認定結果前にサービスを利用する“暫定ケアプラン”のポイントについて解説します。
介護保険

良いケマネジャーの条件について – ケアマネの得意不得意は、実務経験によって変わる? –

介護保険関連で働く作業療法士は、ケアマネジャーと関わる機会も多くあります。 幸い関わるケアマネの方は皆さん熱心で良い人たちばかりなのですが、世の中には一概にそうとは言えないケアマネもいらっしゃるようです。 そこで本記事では、良いケアマネジャーの条件について解説します。
介護保険

ワンストップ型相談窓口とは? – これからの地域医療・福祉を担うシステムを考える –

これからの医療や福祉の軸って地域に移行すると言われています。 作業療法士として臨床にいると、これは非常に強く感じていますし、だからこそ早急に多くのセラピストも“地域”を意識した支援方法を考える必要があります。 そこで本記事では、地域の医療...
スポンサーリンク
介護保険

介護問題の相談先について – 家族で介護が必要になった最初の相談先って? –

リハビリの現場で仕事をしていると、介護保険の制度はとても身近なものになっています。 しかし、一般的には“介護”という問題に直面し、当事者にならない限りはぼんやりとしたものというイメージのようです。 そうなると、高齢の親といった家族の誰かが突然介護が必要になってしまったとき、「どこに相談すればよいのかわからない」とパニックになるケースが多いようです。 そこで本記事では、“介護が必要になった最初の相談先”について解説します。
介護保険

セルフケアプラン – 自分や家族がケアプランを作成することのメリット・デメリットについて

介護サービスを受ける場合は、基本的にケアプランはケアマネジャーに作成してもらうことになりますが、実は要介護者本人や家族が作成することもできるということは意外と知られていません。 そこで本記事では、自分でケアプランを作るセルフケアプランについて解説します。
介護保険

ケアプランについて – 作成・費用請求の流れ・給付管理票・居宅サービス計画書標準様式 –

介護サービスを利用するためには、ケアマネージャがケアプランを作成する必要があります。 実際にはケアマネジャーの担当業務なので、多くのリハビリセラピストは出来上がったプランで利用しているサービスを確認する程度…かもしれません。 ただ、このケアプランについての知識を深めることは、情報収集をする上でも非常に有益なことになると思います。 そこで本記事ではこのケアプランについて解説します。
介護保険

要介護・要支援の違いについて – “要介護認定等基準時間の分類”と“要介護状態区分別の目安” –

介護に関する職種では、普段当たり前のように使っている「要支援○○」「要介護○○」といった区分の仕方ですが、この決定の基準ってどのように決められているのかまではあまり知られていないように感じます。 そこで本記事では、要支援、要介護との違いと区...
介護保険

要介護認定を受けるためのプロセスについて – 介護保険申請してから結果がでるまで –

介護保険のサービスを受けるためには、専門の調査員による要介護認定の審査を受け、認定されなければなりません。 ではこの申請からどのような流れで要介護認定の認定をうけるのでしょうか? 本記事ではそのプロセスの図も交えながら解説します。
介護保険

介護保険では使えないサービスについて – 介護保険適応外のサービスの具体例について

介護保険で使えるサービスと、使えないサービスについて把握しておくことはケアプランをつくるケアマネージャーをはじめ、作業療法士などのリハビリセラピストにとっても必要な知識になります。 そこで本記事ではこの介護保険では使えないサービスについて解説します。
介護保険

介護保険の利用者負担と軽減措置について – サービスを利用するとき、お金ってどのくらいかかるの?

要介護認定を受けて実際にサービスを利用するとなると、やはり気になるのはどのくらいのお金がかかるのか?…だと思います。 もちろん受けるサービスによっても変わってきますが、本記事ではこの介護保険のサービスを利用する際の… 利用者...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました