2018-01

スポンサーリンク
脳卒中

脳卒中発症時の症状と、覚えておくべき“FAST"について!

脳卒中という病気は、なによりも迅速な判断と対応が求められます。 早急な処置を施されればされるほど、予後は良好になりまた発症前と同じような生活に戻れる場合は少なくありません。 そこで今回は『脳卒中発症時の症状』と、覚えておくべき“FAST"という標語についてまとめてみました。
障害

失語症に対しての就労支援の際のポイントや視点、利用できる支援サービスをまとめてみた

仕事を行う上では、コミュニケーションが必要不可欠です。 ですが、脳卒中や事故などにより言葉の障害…“失語症”の状態になった場合は、しっかりとした就労支援が必要になってきます。 そこで今回は“失語症と就労支援”についてまとめてみました。
自動車運転

運転免許の拒否、取り消しになる症状についてまとめてみた!

脳卒中などの後遺症や障害によって、運転免許の拒否や取り消しになる場合がありますが、具体的な症状でどのような場合にひっかかるのかについは曖昧だったりします。 そこで今回は運転免許の拒否や取り消しになる症状についてまとめてみました!
自動車運転

運転免許センターにおける運転適性相談の対象と方法についてまとめてみた!

自動車運転免許センターは、一定の病気にかかっている当事者の方やその家族等からの運転に関する相談に対応もしていますが、この相談対象の疾患についてはあまりよく知られていないように感じます。 今回はどの疾患が相談対象であって、どの疾患がそうでないのか…という運転適性詩相談の対象疾患についてまとめてみました!
自動車運転

自動車運転リハビリテーションの取り組みは、やっぱりアメリカがすごかったって話。

高齢者や障害を持つ人の自動車運転支援を調べていくと、アメリカの“自動車運転リハビリテーション(Driver Rehabilitation)”というリハビリテーション分野の一つが確立していることがわかります。 日本でもここ最近の動向をみると早急にこの自動車運転リハビリテーションの整備が必要なのかもしれません。 そこで今回はこの海外における自動車運転支援についてADEDとAOTAの2つの機関から調べてみました!
認知症

認知症高齢者による自動車運転事故の事例をパターン別にまとめてみた!

過去の認知症高齢者の自動車運転による事故の事例を調べていくと、大枠ですがいくつかのパターンがあるような印象を受けます。 今回は過去の認知症高齢者による自動車運転事故の事例から、事故のパターンをいくつかのカテゴリーにわけてまとめてみました!
自動車運転

障害を持つ人の自動車運転における4つの目的を考えてみた!

自動車運転という活動を、認知症や高次脳機能障害といった何かしらの障害によって行うことができなくなった場合、単純に「じゃあ公共交通機関を使えばいいのでは?」という発想にはならないのが特徴だと思います。 そこには“手段”なのか“目的”なのかという視点での捉えかたが必要なのですが、今回はこの“自動車運転における4つの目的”についてまとめてみました!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました