2017-08

スポンサーリンク
IT

VR(バーチャルリアリティ)リハビリテーションで期待できる4つの有用性と効果

VR(Virtual Reality:バーチャルリアリティ)をリハビリテーションに応用することで、様々なことが可能になってきます。 そこで今回は、様々な論文や研究結果から「VRリハビリテーション」の有用性と効果について、備忘録的にまとめてみました!
IT

eスポーツ×リハビリが障害者の社会参加の一つとして成り立つのかもしれないって話。

作業療法士としてリハビリテーション医療に関わっていると、非常に障害を持つ人の社会参加について考えさせられます。 その方法の一つに、eスポーツが選択肢としてあげられると思うんです。 今回はオリンピック種目にもなるかもしれないと今話題のe-スポーツを、作業療法士の視点でまとめてみました。
IT

VR(バーチャルリアリティ)をリハビリに応用した事例論文まとめ

ここ数年でVR(Virtual Reality:バーチャルリアリティ)はリハビリ医療でも少しずつですが使われ始めてきました。このVRは今後の作業療法の在り方にも大きく貢献できると考えています。そこで今回はVRをリハビリに応用した様々な事例を備忘録的にまとめてみました!
脳卒中

片麻痺による上肢機能障害に対しての検査法まとめ

脳卒中による片麻痺の場合、多くは上肢にも障害を持ってしまいます。 今回はこの片麻痺の上肢機能障害に対しての検査方法をまとめてみました!
検査

一般的な上肢機能の検査の種類と、その用途についてまとめてみました!

人が生活をするうえでどうしても必要になってくるのが上肢の機能になります。 今回は特に障害を想定していない一般的な上肢機能の検査方法とそれらがどのような目的で使用されているのかについてまとめてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました